読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水路紀行

隠された水路の魅力を発掘していきます。

年末の水路めぐり

午前中は雪が降っていましたが、午後から天気が回復したので、普段行かない水路を見に行きました。撮影用のケースを持っていかなかったのでいい写真はありませんが、紹介します。

 

石川県南部の、海に近い地域です。この時期らしく、大河川には多数の水鳥が浮かんでました。僕は詳しくないけど、色々な種が混じってるのかな!?

f:id:mitsunorinakano:20161230181443j:plain

 

まずは、今年の夏に見つけた良さそうな小水路に行きました。幅は1mもありません。夏に来たときは、上からのぞいたら小魚が群れていたのですが、今日はパッと見、何も見えませんでした。

f:id:mitsunorinakano:20161230181558j:plain

 

殻が目に付いたので拾ってみると、ドブガイ類でした。ここの地域のドブガイ類は、タガイのようなやつもヌマガイのようなやつもいて、同定の断言は避けたいと思います。

f:id:mitsunorinakano:20161230181836j:plain

 

殻を拾うために底質をさらうと、中にキタノメダカがいました。ドジョウみたいに潜ってるのですね。

f:id:mitsunorinakano:20161230182238j:plain

 

枯れた水草の塊りをすくってみると、タモロコも採れました。一すくいでこの数はなかなかです。かたまって泳いでいる冬らしい出来事。ウシガエルの親子も採れました(写真中央のやや左下にオタマジャクシの頭だけ見えています)。

f:id:mitsunorinakano:20161230182359j:plain

 

次に、すぐ近くにあった大きめの水路に移動しました。さっきの水路と道路をはさんだ向こうです。水深も30cm以上あって底には沈水植物が繁茂していて、良さそうな水路です。

f:id:mitsunorinakano:20161230182744j:plain

 

こんな素敵な桝(ます)もあります。まずは桝から網を入れてみます。

 

f:id:mitsunorinakano:20161230182947j:plain

 

やっぱりキタノメダカばかり採れます。また「来たの?メダカ」って感じです(?)

 

ここではやたらギンヤンマのヤゴが採れました。

f:id:mitsunorinakano:20161230183209j:plain

 

1個体だけ、マルタニシも採れました。この地域にはよくいます。

f:id:mitsunorinakano:20161230183347j:plain

 

しばらく採集を続けると、魚が続々と採れてきました。

 

外来種のタイリクバラタナゴ。このあたりのドブガイ類を占拠してるのでしょうか!?この地域でタナゴ類が採れたら、たいていはこの種です。もしや、在来種がタイリクバラタナゴに駆逐されたのではないかと怖くなります。写真悪くてごめんなさい。

f:id:mitsunorinakano:20161230183600j:plain

 

ドジョウ。

f:id:mitsunorinakano:20161230183745j:plain

 

フナ類。僕には同定できません。ただ、この地域にはどうも、ギンブナもナガブナもいそうです。今日のはギンぽい。

f:id:mitsunorinakano:20161230183932j:plain

 

目立った生物は以上です。魚は5種が採集され、いずれもこの地域の普通種です。この地域はどこで採集しても、この5種にナマズが加わる程度なので、魚取りの面白みにやや欠けます。普通種が普通に残っているのは、とても大切なことなのですが・・。近くの大河川にミナミアカヒレタビラやカマキリ等の魚がいるので、そういうのが生息している水路はないか探しています。

 

最後に、今日採捕された魚はすべて、生かしたまま元の水路に逃がしました。