水路紀行

隠された水路の魅力を発掘していきます。

2017-10-17 敗戦処理

どうも体が重たいし、できれば一日中家で引き籠りたい気分だったけど、大学にきてお仕事。幸いなことに、気持ちが凹んでいても論文執筆には集中できた。今後のことについて受入教員と相談するつもりだったのだが、今日は終日ご出張のようで相談は出来なかっ…

2017-10-16 あれ?

あれ?論文数が増えたのに業績の点数がグッと下がってる。こりゃあ、申請細目を間違えたかなぁ。。

近況(2017-10-14) 運動会

今日は双子の姪っ子たちの運動会だった。まぁまだ2歳だし、保護者と一緒にする競技だったり、ダンスはまともに踊らなかったりするわけだが。幼稚園の全クラスの子ども達のお遊戯(!?)が見れたが、何とも可愛くて元気がもらえた。もう一つ印象的だったのは…

近況(2017-10-13) 疲弊

今日は学振の審査結果の開示日だというウワサだったので、一日中そわそわしながら過ごした。昨年は14時14分に「結果開示のお知らせメール」が僕に届いたので、今年もそのあたりかと思い、正午あたりからいよいよ緊張していきた。13時40分頃、僕の頭の中でこ…

近況(2017-10-11) 論文改訂

論文の改訂作業中。国際誌で真に優秀な編集者・査読者にコメントをもらいながら論文を改訂するのは楽しい。コメントが的確だからこっちが困惑することがほぼないし、指摘が具体的だからどう対応したらいいのか分かりやすい。それに何より勉強になる。 僕は論…

近況(2017-10-10) 編集者と査読者の「かがみ」

先日、投稿論文が3回目の「major revision」で返ってきた。恐る恐るコメントを確認してみると、なんと査読者が交代されて#3と#4になっていた。担当編集者のコメントによると、査読者#1と#2はそれほど良いコメントをしていたわけではないので、他の人に代えた…

近況(2017-10-8) 論理的とは

今日はほぼ一日中、姪っ子と甥っ子の子守りをしていた。夕方頃に姪っ子が体調を崩してドタバタ。風邪が酷くなったようだ。話は変わるが、実は僕はいまだに、「論理的」とはどういうことか具体的には理解していない。そもそも、これはかなり漠然とした表現で…

近況(2017-10-7)

あの論文、また「Major revision」で返ってきた。まだコメントを読んでないが、読むのが気が重い。自分の実力不足を感じる。まぁ、まだ読んでないし、何書いてあるのか分からないんだけど…。

近況(2017-10-6) 考察の書き方

最近、原著論文での「考察」の書き方について反省するところがあった。いくつかの投稿論文について査読者から「引用可能な論文を引用していない。考察が結果の解釈にとどまっている」と指摘を頂いた。言われてみたら確かにそうだ。そのコメントを頭に置いて…

近況(2017-10-4) フォーラム

・総説を仕上げて投稿した。はてどうなることやら。・生物文化多様性がテーマのフォーラムを来聴した。生物文化多様性とは、生物の多様性に支えられている文化の多様性の保全も含んだ概念。まぁ、文化の多様性が生物多様性を支えてもいるのだが…。生物文化多…

近況(2017-10-3) 総説仕上げ

・今日は朝から昼過ぎまで時間が出来たので、総説を一気にしあげて行った。後は体裁の確認等の最終チェックに入る。短めの総説だけど、論点が絞られててハッキリしているので、これはこれで悪くないと思う。引用文献は正確な数は数えてないけれど、大体70~8…

近況(2017-10-2) 子守り・総説パート2

・昨日は一日中、姪っ子と甥っ子の子守りをしていた。今日は背中が痛い。10kg前後の子ども三人を抱っこやらオンブやらでずっと世話をしていると、筋力や体力等が重要になってくる。子どもが可愛いから別に苦だとは思わないが、体は素直。 ・今年の春からボチ…

国際研究

最近、ひょんな事からポルトガルのポスドクと知り合いになった。直接会ったことはなく、ずっとメールでやり取りしているのだが、あちらの方から共同研究の立ち上げを提案してきてくれた。もし学振に通ったら、ポルトガルに短期留学に行ける時間が確保できる…

近況(2017-9-28) 結果待ち

・学振の審査結果の開示が近づきつつあるので、精神的にかなりのプレッシャーを感じる。「今年こそは・・」と考えていたが、Xデーが近づいてくれると急に不安になってきた。今の仕事は今年度で期限が切れる。だから、学振そのものというより、学振に落ちて来…

魚の水中写真(2017-7-11)

自宅近くの水路で水中写真を撮ってみました。久しぶりなので、だいぶん腕が鈍ったと思います。 まずはアメリカザリガニとスジエビ フナ。口先に怪我をしているように見えます。 タモロコ。群れてたくさん泳いでいました。 見にくいですが、タモロコの群れで…

水田水路(2017-6-30)

川と田んぼで作られた、安らぎの空間(笑) 田んぼも上手に使えば、憩いの場になるかも。 田んぼ脇の道も癒されそう。農法や稲の品種が違うと、稲をうえる時期が違います。その結果、隣り合った田んぼの間で稲の大きさや中干しの時期が違ってきます。 右の水田…

水田水路散策(2017-6-14)

お昼の休憩に、大学周辺の水田水路を見に行きました。稲が伸びてきました。山と水田の景色は、のどかでいいですね。 稲が伸びてきました排水路と水田との間に大きな落差がありました。こうなると、水路から水田に魚が上がれなくなります。まぁ、ここは、用水…

今日の水路(2017-5-29) 理想の土水路

両側面が土でできていて植物が生えています。水路底にも水生植物が生えています。一見理想の水路ですが、魚はいません。この水路は非灌漑期にはずっと干上がっているので、魚は冬を越せません(ドジョウ位はいるかも…)。魚の供給源になりそうな、通年通水の小…

今日の水路(2017-5-19) 駐車場横

駐車場の横を流れている小さな水路です。暖かい時期はずっと、たくさんのメダカ類が泳いでいます。最初見たときは驚きました。昔、ここら辺一帯は田んぼだったので、一部の水路がこのように残されているのだと思います。 駐車場の横の小さな水路。ここには例…

今日の水路(2017-5-13) 河川の魚道

今日は水路ではなくて河川です。河川の堰に設置された魚道を見てきました。どういうわけか魚達は魚道は上がらず、みんな魚道の横でジャンプしてました。僕は魚道は詳しくないのですが、河川の幅に対して魚道が小さすぎるような気がします・・ Instagram

今日の水路(2017-5-2) 素堀りの土水路

底面も側面も土で作られています。壊れた側面を補修したり、底面の水草を除菌したり、維持作業に手間がかかるので、3面コンクリートにドンドン改修されています。 Instagram

今日の水路(2017-4-28) 濁り

水田の水が水路に流入するようになると、水が濁り、底面が見えなくなります。底質の調査がやりずらくなります。 今日の水路

今日の水路(2017-4-27) マス

排水が流入する水路には、所々にマスがあります。泥をここに溜めるために作られているらしいです。マスは少し深くなっているので、生物の生息場としていい働きをします。水が止められても、ここだけ水が残って生物の避難場所になることも多々あります。

河川流域のネットワーク総説

水田や水路、ため池を含む河川流域の水域ネットワークについて、現象と課題を整理した大変優れた総説が出ました。文章構成もよくできているし、図表やイラストも効果的に使われていて、見習いたいと思います。 河川生態系における水域ネットワーク再生手法の…

今日の水路(2017-4-23) 用水路

堪水されて間がない水田と、給水用の用水路。用水路は一般的に、給水の必要がない非灌漑期には水が抜かれています。写真のように小規模で単調なコンクリート水路で、排水路より生物が少ないことが多いです。

小規模水域の重要性

Hydrobiologiaで、小規模水域の特集が組まれています。小規模水域として、湧水、河川の源流部、ため池、水路等が注目されています。 Hydrobiologia, Volume 793, Issue 1 - Springer 水路を含む小規模水域がこれまで注目されてこなかった経緯についても触れ…

大晦日の魚採り

時間ができたので今日も水路に魚採りに行きました。今日の狙いはホトケドジョウです。見た目がとても可愛い魚で、初めて見たときはうっとりしました(笑) ホトケがいそうな谷津に向かいました。谷津とは、低地にある谷状地形のことです。平地と扇状地が接する…

年末の水路めぐり

午前中は雪が降っていましたが、午後から天気が回復したので、普段行かない水路を見に行きました。撮影用のケースを持っていかなかったのでいい写真はありませんが、紹介します。 石川県南部の、海に近い地域です。この時期らしく、大河川には多数の水鳥が浮…

石川県の水路の紹介(1)

先日ふらっと立ち寄った水路を紹介します。 石川県南部の水田地帯の水路です。 これは、ここの水路水系の幹線水路です。1km程下流で大きな河川に流入します。水深は5~15cm程、流れが緩やかで砂泥が堆積しています。 水路の水面と隣接道路との差(水路壁面の…

水路 現代に息づく「いのち」の小川

田んぼの脇を流れる細い水路 昔ながらの集落に残る何気ない水路 新しい住宅の裏に隠れた水路 そんな水路たちを発見し、発信していきます。 水路に生息する生き物たち、水路を取り巻く社会・文化、昔からある水路の「今」・・多角的に水路を掘り下げていきた…